葬式について

葬儀の際に気を付けておきたいマナー

葬式の際に必要なマナーは人に聞く事が難しいので、あらかじめどのようなマナーが必用であるかを学んでおく事が必用です。
葬儀参列前のマナーとして、訃報の知らせを受けて深夜に駆けつける事は親しい人の場合でも遠慮する必要があります。
葬儀を控えた遺族は家族を亡くした悲しみの中で取り込み中である為、電話をかけてお悔やみを述べるのはNGマナーです。
参列の際に直接お伝えするか、参列できないのであれば弔電を打ってお悔やみの気持ちを伝える事が必用です。
葬儀前には想像以上に忙しく遺族も疲れているので、そこへ長居する事はNGまなーであるためお悔やみの言葉を述べて早々に引き上げる事が大切です。
近親者や親しくしていた人、近所の場合には何か手伝える事が無いかをうかがって進んで手伝いをする事も必用です。
故人との対面を自らお願いするのは配慮に欠ける為NGマナーであり、遺族から勧められた場合にのみ謹んでお受けするのがマナーです。

Copyright© 葬式 All Rights Reserved.