葬式について

自分の葬式の仕方を考える必要は有るか

最近、終活と言う言葉が世間では流行っています。
自分の死後、葬式はどのような形でするかと言う事を残された人任せではなく自分で決めておく必要が有ります。
葬式も盛大に豪華な式にしたい人も居れば、質素に行いたい人も居ます。
送られる本人が決めておいてくれると残された身内同で、もめる事なく急な葬式にも慌てず対応できます。
私は近い親族の葬式には数回参列した事が有りますが、葬式の内容を決めるのも葬儀会社が出してくるパンフレットから適当に見繕うような形でじっくり考える時間も余裕も有りませんでした。
前もって終活をして、予算や内容等を決めておけば自分の持っている予算で周りに迷惑をかけずに葬式を行う事ができます。
今までは葬式と言えば、残された人が亡くなった人を見送る為に、行う儀式でしたが、今は葬式は自分を見送って貰う為に、自分自身で決める儀式のようです。
若くても年輩でも誰しもいつ死は訪れるか分かりません。
終活をして葬式の内容を決めておく事は大切だと思います。

Copyright© 葬式 All Rights Reserved.