葬式について

葬儀の際のマナーを身に付けておく

葬儀は静粛な空気の中でしめやかに行われるので、人にマナーについて聞く事が出来ない場合が多くあります。
焼香する際のマナーや作法などは人に聞きたくても聞く事が出来ないので、あらかじめ自分で身に付けておく事でスマートに対応する事ができます。
霊前の祭壇少し手間で僧侶と遺族に一礼をして、抹香を親指人差し指、中指でつまみ静かに香炉に落とします。
合掌したまま一礼して後ろへ下がって一礼をして僧侶や遺族へ一礼をして戻るのが一般的な焼香の流れです。
焼香の回数は宗派によって異なり、真言宗や曹洞宗では3回、真宗大谷派は臨済宗は2回、浄土真宗本願寺は1回などと分かれています。
回数にこだわるよりも心のこもった焼香を行う事が重用であるので、回数に捉われる事なく焼香する事が大切です。
服装は近親者であれば通夜までの間は喪服に着替える事無く地味な服装で問題ありません。
通夜の時には基本的には遺族や親族は喪服を着用する事になり、弔問客の場合は平服でも遊び着や派手な色の服装でなければ問題ありません。

Copyright© 葬式 All Rights Reserved.